精神対話士の役割と職場、資格認定条件や試験内容について

精神対話士とはどのような資格か?

 精神対話士は、メンタルケア協会が認定している資格です。

この協会は慶應義塾大学出身の医師が中心的役割を果たし創設された認定団体です。

精神対話士は、心に傷を負った方の話に耳を傾けて聞き役に徹し、心を癒すことで生きる希望やヤル気を与えるのが主な仕事になります。

 なので、何か治療を施したり、問題に対して現実的な解決方法をアドバイスするわけではなく、相手の話をじっくりと聴き癒しを与えられるように対話を行うだけです。

ですが、このような対話という手段を通して心を癒していく技術を持った専門家が精神対話士というものです。

精神対話士として仕事に就くには

 下記で説明する養成講座や試験に合格する必要がありますが、協会から派遣依頼され精神対話士として仕事に就くこととなります。

クライエントの心を癒し、生きる希望や活力を持てるように、聞き役に徹するということが精神対話士の根本的なスタンスとなっています。

また、精神対話士として満足いく仕事を行うには、クライエントが歩んできた人生について、しっかりと理解し受け止めることができるだけの大きな人間性が求められます。

精神対話士の派遣先としては、病院などの医療機関、学校などの教育機関、老人福祉施設などの介護福祉分野、他には個人宅へ直接派遣される場合もあります。

精神対話士の資格取得までの流れ

 資格を取得するには、まず基礎課程と実践課程の養成講座を受講する必要があり、各課程修了後はレポート提出を行い、合否判定が行われます。

また、各課程の受講期間の3分の2以上の出席が必要となります。

 最終的に精神対話士として仕事に就く場合は、派遣業務参加選考試験に合格し業務委託契約を締結することによって資格認定を受ける必要があり、メンタルケア協会からの派遣依頼を受け業務を行なうことになります。

 但し、この資格は車の免許と同じで5年経過ごとに更新する必要があります。

 精神対話士の資格取得から仕事に就くまでの流れは次のようになります。

  1. 基礎課程の受講・修了後のレポート提出
  2. 試験委員による合否判定
  3. 実践課程の受講・修了後のレポート提出
  4. 試験委員による合否判定
  5. 精神対話士派遣業務参加選考試験
    (基礎課程・実践課程のレポート提出)
  6. 試験委員による合否判定
  7. 派遣業務委託契約の締結
  8. 派遣業務就業
資格名 精神対話士
受験資格
養成講座
内容
基礎課程:15回の講義

「医から見る人間探求」
「宗教から見る人間探求」
「メンタルケに関する対処術」

実践課程:講義と7回のロールプレイ

「実務に向けた学習」

養成講座
開催
毎年全国各地
受験料 基礎課程 133,700円(消費税込み)

実践課程 61,700円(消費税込み)

合否判定

基礎課程実践課程
とも、講座修了・レポート提出後、試験委員により合否判定が行われます。

また、3分の2以上の講座出席数が必要です。

派遣業務参加選考試験
個人面接、集団面接、基礎課程・実践課程での提出レポートを全体的に総合判定されます。

合格証明  各ステップでの試験合格者には次のような証明がなされます。

基礎課程
メンタルケア・スペシャリスト認定証の交付

実践課程
実践課程修了証の交付

派遣業務参加選考試験
精神対話士の資格認定

合格率

基礎課程:約80%

実践課程:約80%

派遣業務参加選考試験:約15%

資格更新 5年毎に更新が必要
主催団体

内閣府認可 一般社団法人メンタルケア協会

問い合わせ 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-5-8 カ−デ青山201
TEL:03-3405-7270 (代表)

精神対話士を目指せるスクールを全国から検索!詳しくはこちら

◆下記リンク先サイトでは、全国で開講されている心理カウンセラー講座受講料、受講期間、学習コース(土日・夜間)、開講場所などを一覧比較し、一目で確認できます。

希望する講座があれば、いくつでも無料資料請求し、最新の受講日程を確認できます。

全国の心理カウンセラー講座を一覧比較し、無料資料請求・最新受講日程を確認する

関連ページ

公認心理師の受験資格と試験内容
公認心理師の受験資格と試験内容について紹介しています。
臨床心理士の受験資格と試験内容
臨床心理士の受験資格と試験内容について紹介しています。
産業カウンセラーの受験資格と試験内容
産業カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
認定カウンセラーの受験資格と試験内容
認定カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定試験の受験資格と試験内容
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定試験の受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア心理専門士(R)の受験資格と試験内容
メンタルケア心理専門士(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
准メンタルケア心理専門士TMの受験資格と試験内容
准メンタルケア心理専門士TMの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア心理士(R)認定試験の受験資格と試験内容
メンタルケア心理士(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケアカウンセラー(R)の受験資格と試験内容
メンタルケアカウンセラー(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
上級心理カウンセラーの受験資格と試験内容
上級心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタル心理カウンセラーの受験資格と試験内容
メンタル心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア・アドバイザーの受験資格と試験内容
メンタルケア・アドバイザーの受験資格と試験内容について紹介しています。
認定心理士の受験資格と試験内容
認定心理士の受験資格と試験内容について紹介しています。
産業心理カウンセラーの受験資格と試験内容
産業心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタル心理アドバイザーの受験資格と試験内容
メンタル心理アドバイザーの受験資格と試験内容について紹介しています。
ケアストレスカウンセラーの受験資格と試験内容
ケアストレスカウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
NLP資格(米国NLP協会認定)の受験資格と試験内容
NLP資格(米国NLP協会認定)の受験資格と試験内容について紹介しています。
TA(交流分析)心理学の受験資格と試験内容
TA(交流分析)心理学の受験資格と試験内容について紹介しています。
交流分析士(学会認定)の資格と試験内容
日本交流分析学会認定の交流分析士の資格取得までの流れと試験内容、交流分析士の職域、交流分析(TA)の役割・目的と理論概要について解説しています。
交流分析士(協会認定)の資格と試験内容
NPO法人日本交流分析協会認定の交流分析士の資格取得までの流れと試験内容、交流分析士の職域、交流分析(TA)の役割・目的と理論概要について解説しています。
精神保健福祉士の資格と試験内容
精神保健福祉士の国家資格取得までの流れ・受験資格・試験内容、精神保健福祉士の職場や仕事内容、業務の種類などについて解説しています。
教育カウンセラーの資格と試験内容
教育カウンセラー資格取得までの流れ、資格の種類、受験資格と試験内容、認定審査の基準、職場や役割などについて解説しています。
キャリアカウンセラーの資格と試験内容
キャリアカウンセラー資格取得までの流れ、資格の種類、受験資格と試験内容、合格基準、職場や役割などについて解説しています。
認定心理士の資格と試験内容
認定心理士資格取得までの流れ、認定申請の条件や申請するメリット、審査基準、認定内容などについて解説しています。
音楽療法士の資格と試験内容
音楽療法士の役割と職場、全国音楽療法士養成協議会と日本音楽療法学会が認定する資格認定要件や試験内容について解説しています。
学校心理士の資格と試験内容
学校心理士の役割と職場、一般社団法人学校心理士認定運営機構が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。
応用心理士の資格と試験内容
応用心理士の役割と職場、日本応用心理学会が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。
家族相談士の資格と試験内容
家族相談士の役割と職場、家族心理士・家族相談士資格認定機構が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。

心理カウンセラー
資格種類・試験内容
心理カウンセラー
資格講座・学校
心理カウンセラー
職場・仕事内容
心理学
基礎知識
心理アセスメント
流れ・手法
心理療法
種類・特徴・技法
ページトップへ戻る