認定心理士の認定申請の手順・条件・メリット、審査基準などについて

認定心理士の資格認定を受けるメリット

 認定心理士の資格は公益社団法人日本心理学会が認定している資格ですが、大学などで心理学を専攻し修了した人には必要のない資格です。

この資格の認定申請をすることが少しでもメリットになるケースとしては、心理学部以外の授業で心理学を履修したことがあり、心理職に関連する職場に就職することになった場合などです。

学部や学科で心理学を専攻し履修すれば○○大学心理学部卒業と、明確な履歴証明が可能です。

しかし、そうでない場合は、実際に心理学の基本知識やスキルがあっても、それを証明する術がなく、採用する側も確認のしようがなく、採用の際にミスマッチが発生し、就職できる機会が失われてしまう可能性も否定できません。

そんな時に認定心理士の資格認定を受けておけば、心理学の基本的な知識や技能を身に付け一定の力量があるということを客観的に証明することが可能になります。

また、認定心理士は実際の臨床経験がゼロであったり、学会会員以外の方でも申請することが可能です。

認定心理士の就職状況

 認定心理士の資格認定申請を行い無事に認定を受けれても、就職活動や採用の際に必ず有利な条件となるわけではありませんし、他の資格を目指す場合にも、この資格が有利に働くことはありません。

認定心理士は今後の自分の技能アップの基礎固めや足がかりとして活用するものであると理解しておきましょう。

認定心理士の認定申請条件・審査基準・取得までの流れ

認定心理士になるまでの流れ

  1. 認定申請種類の取り寄せ
  2. 必要事項を記入し申請書を提出
  3. 審査料1万円を納付
  4. 受付受理の連絡通知
  5. 審査基準に基づき判定
    不合格の場合、再申請も可能。
  6. 合格の場合、認定料3万円を納付
  7. 認定証及び認定心理士IDカードの発行

資格認定内容

認定心理士
申請資格
  1. 大学の卒業生
  2. 卒業見込証明書の発行が可能な大学の在学生
  3. 日本心理学会の正会員で5年以上継続在籍し、心理学科目がある大学・短大・専門校の教員
認定基準 認定申請により、下記の基準で審査され、クリアすれば認定される資格です。

詳細は、資格取得に必要な単位と科目名例を参照下さい。

更新の有無 無し
証明書発行
  • 認定証
  • 認定心理士証(IDカード)
費用
  • 資格審査料:10,000円(申請時)
  • 認定料:30,000円(合格後)
合格発表 申請書類を提出日より2〜3ヶ月後に通知
主催団体 公益社団法人 日本心理学会
問い合わせ 〒113-0033
東京都文京区本郷5-23-13田村ビル内
TEL:03-3814-3953

日本心理学会認定心理士を目指せるスクールを全国から検索!詳しくはこちら

◆下記リンク先サイトでは、全国で開講されている心理カウンセラー講座受講料、受講期間、学習コース(土日・夜間)、開講場所などを一覧比較し、一目で確認できます。

希望する講座があれば、いくつでも無料資料請求し、最新の受講日程を確認できます。

全国の心理カウンセラー講座を一覧比較し、無料資料請求・最新受講日程を確認する

関連ページ

公認心理師の受験資格と試験内容
公認心理師の受験資格と試験内容について紹介しています。
臨床心理士の受験資格と試験内容
臨床心理士の受験資格と試験内容について紹介しています。
産業カウンセラーの受験資格と試験内容
産業カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
認定カウンセラーの受験資格と試験内容
認定カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定試験の受験資格と試験内容
メンタルヘルス・マネジメント(R)検定試験の受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア心理専門士(R)の受験資格と試験内容
メンタルケア心理専門士(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
准メンタルケア心理専門士TMの受験資格と試験内容
准メンタルケア心理専門士TMの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア心理士(R)認定試験の受験資格と試験内容
メンタルケア心理士(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケアカウンセラー(R)の受験資格と試験内容
メンタルケアカウンセラー(R)の受験資格と試験内容について紹介しています。
上級心理カウンセラーの受験資格と試験内容
上級心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタル心理カウンセラーの受験資格と試験内容
メンタル心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタルケア・アドバイザーの受験資格と試験内容
メンタルケア・アドバイザーの受験資格と試験内容について紹介しています。
認定心理士の受験資格と試験内容
認定心理士の受験資格と試験内容について紹介しています。
産業心理カウンセラーの受験資格と試験内容
産業心理カウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
メンタル心理アドバイザーの受験資格と試験内容
メンタル心理アドバイザーの受験資格と試験内容について紹介しています。
ケアストレスカウンセラーの受験資格と試験内容
ケアストレスカウンセラーの受験資格と試験内容について紹介しています。
NLP資格(米国NLP協会認定)の受験資格と試験内容
NLP資格(米国NLP協会認定)の受験資格と試験内容について紹介しています。
TA(交流分析)心理学の受験資格と試験内容
TA(交流分析)心理学の受験資格と試験内容について紹介しています。
交流分析士(学会認定)の資格と試験内容
日本交流分析学会認定の交流分析士の資格取得までの流れと試験内容、交流分析士の職域、交流分析(TA)の役割・目的と理論概要について解説しています。
交流分析士(協会認定)の資格と試験内容
NPO法人日本交流分析協会認定の交流分析士の資格取得までの流れと試験内容、交流分析士の職域、交流分析(TA)の役割・目的と理論概要について解説しています。
精神保健福祉士の資格と試験内容
精神保健福祉士の国家資格取得までの流れ・受験資格・試験内容、精神保健福祉士の職場や仕事内容、業務の種類などについて解説しています。
教育カウンセラーの資格と試験内容
教育カウンセラー資格取得までの流れ、資格の種類、受験資格と試験内容、認定審査の基準、職場や役割などについて解説しています。
キャリアカウンセラーの資格と試験内容
キャリアカウンセラー資格取得までの流れ、資格の種類、受験資格と試験内容、合格基準、職場や役割などについて解説しています。
音楽療法士の資格と試験内容
音楽療法士の役割と職場、全国音楽療法士養成協議会と日本音楽療法学会が認定する資格認定要件や試験内容について解説しています。
学校心理士の資格と試験内容
学校心理士の役割と職場、一般社団法人学校心理士認定運営機構が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。
応用心理士の資格と試験内容
応用心理士の役割と職場、日本応用心理学会が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。
精神対話士の資格と試験内容
精神対話士の役割と職場、日本応用心理学会が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。
家族相談士の資格と試験内容
家族相談士の役割と職場、家族心理士・家族相談士資格認定機構が認定する受験申請条件や試験内容について解説しています。

心理カウンセラー
資格種類・試験内容
心理カウンセラー
資格講座・学校
心理カウンセラー
職場・仕事内容
心理学
基礎知識
心理アセスメント
流れ・手法
心理療法
種類・特徴・技法
ページトップへ戻る