心理療法に於ける三大理論の技法と特徴について

 心理療法やカウンセリングは多くの手法が考案されていますが、ここでは、心理療法の代表的な次の3大理論と技法について見ていきましょう。
  1. 精神分析療法
  2. 行動療法
  3. 来談者中心療法

精神分析療法とは

 オーストリアの精神科医であったフロイトが考案したものが精神分析療法で、力動論的アプローチの原点で中心技法となっています。

精神分析療法は、心にはエス・超自我・自我の3つの心理が存在するという心的構造論に基づき、無意識や非言語表現に重点を置き、無意識をいかに意識化するかが問題を解決するための鍵だと考える技法です。

但し、精神分析療法では、行動変容への対処法がないので、実際の治療を進めていく上で多くの時間を要することがあります。

これは、心理的問題であるクライエントの不適応などの原因を把握・理解することに重点が置かれているからです。

行動療法とは

 アメリカのウォルピとアイゼンクは、人の行動は目で見て確認できるが、心の中は見ることができないと提唱し行動療法を考案しました。

心の中が分析対象となるフロイトの精神分析療法とは対照的ですが、精神分析と共に行動論的アプローチの中心技法として行動療法は今日まで発展してきました。

行動療法行動変容に焦点を絞って、アプローチする実用的な技法で、行動変容への対処法が欠如している精神分析の欠点をカバーできる当時のアメリカの風潮にあった療法であったと言えます。

 但し、心の問題や悩みを抱えているクライエントは、行動には問題が起こっていないので、この行動療法では対処することができず、対症療法のため問題を根本的に解決できないという指摘もあります。

来談者中心療法とは

 アメリカの臨床心理学者であったロジャーズが考案した来談者中心療法は、精神分析療法と行動療法という二大技法とは逆のテーマを持った技法として登場しました。

精神分析療法や行動療法では、クライエントを分析したり指示したりしますが、それは本来カウンセラーが行うことではないとロジャーズは異論を唱えました。

 カウンセラーの役目は、クライエント自らが変容を起こせるように、それを援助するものであるという主張です。

来談者中心療法では、カウンセラーがクライエントに心から共感して傾聴することにより心の問題を解決しようと試みます。

体験論的アプローチの中心技法として来談者中心療法は多用されてきましたし、今日に於いてもカウンセリングの基本的概念となっています。

但し、ある程度の言語能力を前提としている、治療に時間がかかるといった欠点もあります。

3大療法の長所と短所について

上記で紹介した精神分析療法、行動療法、来談者中心療法の長所と短所について見ていきましょう。

精神分析療法

行動療法

来談者中心療法

考案者 フロイト ウォルビ、
アイゼンク
ロジャーズ
対象 ・心理的な悩み

・不適応状態の個人

不適応状態の個人とその不適応行動 ・心理的な悩み

・言語で表現できる人

・青年期以上の知的水準を持つ人
理論 精神分析の諸理論

・パーソナリティー論

・コンプレックス

・リビドー発達論

・防衛機制
学習理論

・オペラント条件付

・古典的条件付 など
自己理論
・人間の成長力や潜在的回復力の承認
長所 診断を理解するための豊富な枠組み ・幼児から成人まで適用可能

・具体的な治療目標と、行動変容への豊富な対処法

・来談者の尊重と対等な関係

・クライエントとの人間関係が取り易い

短所 行動変容への対処法がない ・根本的改善にはつながらず対処療法に終わる可能性がある

・実際の現実的な悩みには不向き

・受け身的過ぎる人、自己中心的な人、幼児・小学生、知的障害者には不向き

・治療に時間がかかる

表現媒体による心理療法の種類について

心理療法に於ける表現媒体には次のようなものがあります。

表現媒体

内容

含まれる技法

面接、会話 心理療法の基本となっており、クライエントとカウンセラーが1対1の面接によって進めます。 ・精神分析療法
・来談者中心療法
・交流分析
身体、勣作 行動の変容を目指すために、クライエントの身体や行動へ直接働きかけます。 ・行動療法
・自律訓練法
表現、遊び 心の解放を目的とし、何らかの表現をクライエント自身に行ってもらい、その活動を通じて解決していきます。 ・遊戯療法
・箱庭療法
その他 多人数のクライエントに行うグループ療法などがあり、1つの理論にとらわれずに幾つかの技法を組み合わせて行われます。 ・森田療法
・内観療法

◆下記リンク先サイトでは、全国で開講されている心理カウンセラー講座受講料、受講期間、学習コース(土日・夜間)、開講場所などを一覧比較し、一目で確認できます。

希望する講座があれば、いくつでも無料資料請求し、最新の受講日程を確認できます。

全国の心理カウンセラー講座を一覧比較し、無料資料請求・最新受講日程を確認する

関連ページ

心理療法とカウンセリング
心理療法とカウンセリングとは何か、またその方法について解説しています。
心理療法・カウンセリングの基礎
心理療法・カウンセリングの基礎であるラポール・転移・面接の構造化について解説しています。
心理療法に於ける3大アプローチとは
心理療法で主になる力動論・行動論・体験論の3つのアプローチの方法について解説しています。
面接法の技法と内容
心理療法の基本である面接法の技法とその内容について解説しています。
精神分析療法の技法と内容
心理療法の一つである精神分析療法の技法とその内容について解説しています。
行動療法の技法と内容
心理療法の一つである行動療法の技法とその内容について解説しています。
来談者中心療法の技法と内容
心理療法の一つである来談者中心療法の技法とその内容について解説しています。
認知行動療法の技法と内容
心理療法の一つである認知行動療法の技法とその内容について解説しています。
夢分析の技法と内容
心理療法の一つである夢分析の技法とその内容について解説しています。
交流分析の技法と内容
心理療法の一つである交流分析の技法とその内容について解説しています。
催眠療法の技法と内容
心理療法の一つである催眠療法の技法とその内容について解説しています。
内観療法の技法と内容
心理療法の一つである内観療法の技法とその内容について解説しています。
作業療法の技法と内容
心理療法の一つである作業療法の技法とその内容について解説しています。
森田療法の技法と内容
心理療法の一つである森田療法の技法とその内容について解説しています。
箱庭療法の技法と内容
心理療法の一つである箱庭療法の技法とその内容について解説しています。
芸術療法の技法と内容
心理療法の一つである芸術療法の技法とその内容について解説しています。
遊戯療法の技法と内容
心理療法の一つである遊戯療法の技法とその内容について解説しています。
ゲシュタルト療法の技法と内容
心理療法の一つであるゲシュタルト療法の技法とその内容について解説しています。
グループ療法の技法と内容
心理療法の一つであるグループ療法の技法とその内容について解説しています。
家族療法の技法と内容
心理療法の一つである家族療法の技法とその内容について解説しています。
短期療法の技法と内容
心理療法の一つである短期療法の技法とその内容について解説しています。
薬物療法の技法と内容
心理療法の一つである薬物療法の技法とその内容について解説しています。
自律訓練法の技法と内容
心理療法の一つである自律訓練法の技法とその内容について解説しています。
グリーフ・セラピーの技法と内容
心理療法の一つであるクリーフ・セラピーの技法とその内容について解説しています。
フォーカシングの技法と内容
心理療法の一つであるフォーカシングの技法とその内容について解説しています。
条件付けの技法と内容
心理療法の一つである条件付けの技法とその内容について解説しています。
アサーションの技法と内容
心理療法の一つであるアサーションの技法とその内容について解説しています。
エンカウンターの技法と内容
心理療法の一つであるエンカウンターの技法とその内容について解説しています。

心理カウンセラー
資格種類・試験内容
心理カウンセラー
資格講座・学校
心理カウンセラー
職場・仕事内容
心理学
基礎知識
心理アセスメント
流れ・手法
心理療法
種類・特徴・技法